加賀友禅作家、下村利明の友禅世界

加賀友禅着物、色留袖をご紹介します

 色 留 袖

下村利明加賀友禅着物のご紹介

  色留袖は、黒留袖と同様に裾模様の礼装用としての着物です。
  地色はお好みの色で染め上げ、個性を演出していただきます。
  格調の高さと優美さを兼ね備えた、結婚式や式典などでお使いいただける着物です。

色留袖―七福神の庭

色留袖 七福神の庭

 吉祥の願いを込めた作品です。
 山寺の麓へと桜が咲き誇り、その下には七福神を少しユーモラスに描いてみました。
空想の風景ではありますが、着られる方の幸運を祈りながら制作しました。
  地色から青い空間にかけては爽風をイメージ。
 楽しい気持ちにとの色留袖です。

色留袖―栗林公園

色留袖 栗林公園

 実際にある風景を題材に友禅をすることも少なくありません。
 四国の栗林公園を一日じっくりと散策し、着物にその素晴らしい景観を配してみた色留袖です。
水と緑と建築物の調和をと考えました。
  とにかく時間をゆっくりかけて制作した作品です。

色留袖―鶴に花丸

色留袖 鶴に花丸

 月光に舞う鶴のイメージを原点に制作した色留袖です。
 丸文様は古来、着物の題材として多く使われていると思いますが、この色留袖では松竹梅を前面に描いた上で花丸を構成しました。
 鶴は花丸の数と同じ、五羽描いて吉祥を願って制作しました。

色留袖―爽流

色留袖 爽流

 イメージを描くことはとても楽しいことです。
 この色留袖では渓谷の水の流れ、そして重なっている草花を抽象化して制作しました。
 着ていただいた際には、まとわりつく様な水のラインと友禅模様の交わるところを楽しんでいただきたい。そう願って制作しました。